白石温麺の由来|白石温麺茶屋

白石温麺茶屋 > 白石温麺の由来

白石温麺の由来

今から約四百年ほど前のこと、白石城下に住む鈴木味右衛門が胃病に苦しむ老父を助けようとあれこれ思案していた時に、たまたま通りかかった旅の僧から油を一切使わない麺の作り方を教わりさっそく作って食べさせたところ老父は全快したという。
この孝行息子の話を聞いた白石城主片倉公は、温かい思いやりを誉め温麺と名付けたといいます。
樹氷の華開く蔵王の風土清い水から生まれた温麺は慶長年間以来、領主白石公の保護産業として発展してきたものです。